自家用電気工作物 保安規程届出

TOPページ > 電気の保安 > 自家用電気工作物 保安規程届出

電気事業法第42条第1項の規定により、自家用電気工作物の設置者は、電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安の確保のため、保安規程を作成し産業保安監督部長に届け出て下さい。

保安規程の手続き

様式 保安規程届出書【様式第41】
添付書類
  • 保安規程
  • 単線結線図
  • 構内図(責任分界点を明示し、受電設備の位置、建物の配置、電線路等を記入すること。使用区域を赤線等で囲むこと)
届出の時期 電気工作物の使用の開始前まで(使用前自主検査等を伴うものにあっては工事の開始前まで)
保安規程に記載すべき事項 (電気事業法施行規則第50条)
  • 事業用電気工作物の工事、維持又は運用に関する業務を管理する者の職務及び組織に関すること
  • 事業用電気工作物の工事、維持又は運用に従事する者に対する保安教育に関すること
  • 事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安のための巡視、点検及び検査に関すること
  • 事業用電気工作物の運転又は操作に関すること
  • 発電所の運転を相当期間停止する場合における保全の方法に関すること
  • 災害その他非常の場合に採るべき措置に関すること
  • 事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安についての記録に関すること
  • 事業用電気工作物の法定自主検査に係る実施体制及び記録の保存に関すること
  • その他事業用電気工作物の工事、維持及び運用に関する保安に関し必要な事項

ページトップへ