自家用電気工作物 外部委託承認申請

TOPページ > 電気の保安 > 自家用電気工作物 外部委託承認申請

出力2,000kW未満(燃料電池は1,000kW未満)の発電所、7,000V以下で受電する需要設備、600V以下の配電線路を管理する事業場においては、電気主任技術者を選任する代わりに、 産業保安監督部長の承認を受けて、保安管理業務を電気管理技術者または 電気保安法人に委託することができます(保安管理業務の外部委託)。 保安管理業務の外部委託を行う場合は、外部委託承認申請を行ってください。

なお、保安管理業務の外部委託を行うためには委託先が電気事業法施行規則第52条の2の要件を満たす必要があり、 この確認には「主任技術者制度の解釈及び運用(内規)」に定められた審査基準が用いられます。

外部委託承認申請

様式 保安管理業務外部委託承認申請書【様式第43】
添付書類

共通書類

  • 委託契約の相手方の執務に関する説明書
  • 保安管理業務の委託契約書写し
  • 委託先の宣誓書写し
  • 設備条件確認書(告示第249号第4条第7号から8号による点検頻度を適用させる場合)
  • 委託先が委託契約をしている事業場一覧表

委託先が個人で初回受託の場合

  • 委託先(個人)の実務経歴証明書
  • 委託先(個人)の機械器具の保有状況届出書
  • 委託先(個人)が他に職業を有していないことの説明書

委託先が保安法人で初回受託の場合

  • 委託先保安業務担当者の実務経歴証明書
  • 委託先における「保安業務担当者の雇用証明書」
  • 委託先における「保安業務担当者を他の業務に従事させていないことの説明書」
  • 委託先の機械器具の保有状況届出書
  • 委託先の保安管理業務マネジメント規程
申請時期 委託による管理を開始する前
条件

委託先が電気事業法施行規則第52条の2の要件を満たすこと

<関連告示及び内規>

  • 経済産業省告示第249号
  • 主任技術者制度の解釈及び運用(内規)
法令の参照 告示・内規(通達)の参照

参考: 外部委託制度に係るQ&A(経済産業省サイト)

ページトップへ