自家用電気工作物 使用前自己確認

TOPページ > 電気の保安 > 自家用電気工作物 使用前自己確認

平成28年4月から、一部の電気設備について従来必要であった工事計画を不要とし、設置者による設備使用前の確認の結果を国に届け出る 使用前自己確認制度が新設されました。

また、近年、中小規模の太陽電池発電設備について、突風や台風等によるパネルの飛散により近隣の家屋等の第三者への被害が発生している状況を踏まえ、 平成28年11月30日から、出力500kW以上2,000kW未満の太陽電池発電設備についても、使用前自己確認制度が導入されました。

使用前自己確認

使用前自己確認制度について

使用前自己確認制度は、経済産業省令で定める電気工作物の工事について、使用の開始までに結果を国に届け出る必要があります。

自己確認の実施に関し、対象や実施の時期、内容等が、電気事業法及び施行規則に定められてます。 また、経済産業省の内規として自己確認の方法の解釈等について定めています。 法令参照

ページトップへ