主任技術者免状 ボイラー・タービン主任技術者免状

TOPページ > 電気の保安 > 主任技術者免状 ボイラー・タービン主任技術者免状

ボイラー・タービン主任技術者の資格には第一種と第二種がありますが、いずれも「学歴等に応じた実務経験による免状交付申請」で取得することができます。

免状取得に必要な実務経験

免状取得に必要な実務経験は次のようになっています。

学歴等 第一種 第二種
(1)大学(機械工学)卒 [6(3)] [3]
(2)大学卒 10[6(3)] 5[3]
(3)短大・高専(機械工学)卒 [8(4)] [4]
(4)短大・高専卒 12[8(4)] 6[4]
(5)高校(機械工学)卒 [10(5)] [5]
(6)高校卒 14[10(5)] 7[5]
(7)中学卒 20[15(10)] 12[10]
(8)一級海技士(機関)、特級ボイラー技士、熱管理士または技術士(機械部門 に限る)の2次試験に合格した者 [6(3)] [3]
  • 第一種の必要経験年数は卒業後のボイラー又は蒸気タービンの工事、維持又は、運用に係わった年数です。 [ ]の年数は、必要年数のうち発電用の電気工作物に係わった年数で、 ( )の年数は[ ]のうち圧力5880kPa以上の発電用の電気工作物に係わった年数です。
  • 第二種の必要経験年数は卒業後のボイラー、蒸気タービン、ガスタービンまたは、 燃料電池設備(最高使用圧力が18kPa以上のもの)の工事、維持又は、運用に係わった年数です。 [ ]の年数は、必要年数のうち発電用の設備に係わった年数です。

免状交付申請

ボイラー・タービン主任技術者免状の交付を希望される方は、経済産業大臣あてに免状の交付申請を行ってください (申請窓口は産業保安監督部電力安全課)。

申請にあたっては、担当者(火力発電係)に事前に御相談ください。 内容によっては、実務経験年数等が条件を満たさない場合があります。

様式:ボイラー・タービン主任技術者免状交付申請書(省令様式第6)

添付資料:

  • 卒業証明書又は一級海技士(機関)等の免許の写し
  • 実務経歴証明書
  • 戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)または住民票の写し(本籍の記載のあるもの、外国人にあっては外国人登録証明書の写し)
  • 修得学科目証明書(学科名だけでは内容が判断できない場合のみ)

申請手数料:6,600円(収入印紙で納付、消印しないこと)

申請にあたっての注意事項

  • 収入印紙は正しい金額を貼付し、消印をしないこと(金額に過不足がある場合は受領しません)
  • 文字の訂正等は、修正液を使用せず訂正印を押印のこと
  • 連絡先を記入のこと

免状再交付申請

汚損や紛失によりボイラー・タービン主任技術者免状の再交付を希望される方は、経済産業大臣あてに免状の再交付申請を行ってください (申請窓口は産業保安監督部電力安全課)。

様式:ボイラー・タービン主任技術者免状再交付申請書(省令様式第8)

添付資料:

  • 戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)または本籍地が分かる住民票の写し(本籍及び氏名が変更されている場合)
  • 免状(汚損の場合)

申請手数料:2,600円(収入印紙で納付、消印しないこと)

申請にあたっての注意事項

  • 収入印紙は正しい金額を貼付し、消印をしないこと(金額に過不足がある場合は受領しません)
  • 本籍及び氏名が変更されている場合には、変更前の事項を( )書きで併記すること
  • 番号,交付年月日が不明の場合は、欄外に鉛筆書きで、取得年度や方法等をできるだけ詳しく記入のこと
  • 文字の訂正等は、修正液を使用せず訂正印を押印のこと
  • 記載事項の変更を理由とした再交付はいたしません
  • 連絡先を記入のこと

ページトップへ