平成29年8月
中国四国産業保安監督部
四国支部電力安全課

8月は電気使用安全月間です

〜平成29年度電気使用安全月間〜

 経済産業省では、感電死傷事故の発生しやすい8月を「電気使用安全月間」と定め全国的な安全運動を実施しています。 中国四国産業保安監督部四国支部においては、関係団体と連携し、重点テーマの下で電気安全の啓発の諸活動を行っています。

※四国電気安全委員会、(一社)日本電気協会四国支部、(一財)四国電気保安協会、(公社)日本電気技術者協会四国支部、四国地区電力需用者協会、(一社)四国電気管理技術者協会

1.平成29年度電気使用安全月間重点テーマ

日頃から電気の安全を心がけ、かしこく上手に使いましょう。

電気を正しく使用し、一人一人が常に電気安全に注意をはらうことにより、はじめて電気安全が確保できます。
また、電気安全だけでなく、ムダな電気の使用をなくすなど、意識的に節電を行いましょう。

自家用設備の電気事故は適切な保守点検と計画的な更新で防ぎましょう。

自家用設備の電気事故が発生すると、生産活動に大きな痛手を被るばかりでなく、万一、波及事故を伴うと他の需要家や社会にも多大な損害を与えてしまいます。
適切な保守点検と共に必要に応じて機器単位又は全体的な更新を行い、電気事故を防ぎましょう。

地震、雷、風水害などの自然災害にそなえ、日頃から電気の安全に努めましょう。

地震、雷、風水害などの自然災害による被害を最小限にするためには、日頃からの電気安全が必要です。 「避難する時はブレーカーを切る」「切れた電線には触れない」といった災害時の諸注意を確認し、万一の場合に備えましょう。

2.平成29年度電気使用安全月間標語

まあいいか 引っぱるプラグが 悲鳴あげ

四国電気安全委員会が電気使用安全月間行事の一環として募集し、選考の結果特選に選ばれた標語です。

3.電気使用安全月間諸行事

【電気安全セミナー】

四国管内5会場において、電気主任技術者等の電気保安管理関係者を対象に、関係法令の改正内容や電気事故の事例等について説明します。 また、四国電気安全委員会等と共催で電気保安講演会を開催しています。

  • 7月10日(月)高松テルサ(高松市)
  • 7月13日(木)徳島県JA会館(徳島市)
  • 7月14日(金)高知城ホール(高知市)
  • 7月18日(火)松山市総合コミュニティセンター(松山市)
  • 7月19日(水)新居浜商工会館(新居浜市)
※時間は各会場とも13時30分〜16時00分

【電気保安功労者表彰】

永年にわたり電気関係業務に従事し、電気保安に顕著な功績のあった方を表彰します。

  • 日時:8月1日(火)11時〜
  • 場所:高松サンポート合同庁舎アイホール(高松市サンポート3番33号)

【街頭キャンペーン】

四国電気安全委員会等と共同で、高松市内の商店街で啓発用品を配布し、電気使用の安全を呼びかけます。

  • 日時:8月2日(水)11時00分〜
  • 場所:高松中央商店街北部三町ドーム付近